お問い合わせ

株式会社 名古屋リビング新聞社

名古屋市中区新栄一丁目6番15号
Tel. 052-269-9511
Fax. 052-269-9522
mail. living@web.co.jp

これから求められるのは
「スマート・エイジング」という生き方

「今、私たちの生活の中で、当たり前だと思われていた多くの“常識”が覆りつつあります」と話すのは、シニアビジネス分野のパイオニアであり、高齢社会研究の第一人者である村田裕之さん。「例えば、カラオケやファミリーレストラン、スーパー、コンビニなどの市場は、従来の子どもや若者向けからシニア向けにスタイルを変化させ、売り上げを伸ばしています」

シニア世代の消費が日本経済の中心を担っていくことが予測される今、村田さんが特任教授を務める、東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センターが提唱しているのが「スマート・エイジング」という生き方です。

「エイジングによる経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に成熟すること」がスマート・エイジングの定義。「スマートとは“賢い”という意味です。つまり、スマート・エイジングとは“賢く年を加えていく”こと。私たちは生きている限り、必ず年をとります。そして、年をとることがいいことか悪いことかを決めているのは、実は私たち自身です。つまりそれは、年のとり方を主体的に選ぶことができるということ。年をとるにつれてそのまま朽ち果てていく生き方を選ぶのか。それとも、年を重ねるごとに賢く輝いていく生き方を選ぶのか。どうせなら後者の方がいいと思いませんか?」

村田アソシエイツ代表
村田裕之さん

東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センター特任教授。エイジング社会研究センター代表理事。主な著書に「シニアシフトの衝撃」「親が70歳を過ぎたら読む本」(以上ダイヤモンド社)、「年を重ねるのが楽しくなる![スマート・エイジング]という生き方」(共著・扶桑社)などがある。

いきいきと過ごすための秘けつは
自分らしく生きること

では実際にどうしたらスマート・エイジングを実践できるのでしょうか? 「元気にいきいきと過ごすためには秘けつがある」と村田さん。健康を維持すること、好きなことに取り組むこと、人の役に立つことなど様々な秘けつがありますが、何よりも大切なのは自分らしく生きること。

「人生は一度しかありません。自分に残された時間は自分の好きなことに取り組む、ということを意識してやらないと、自分らしく生きることは永遠にできないでしょう。“好きなことがない”という人もいます。とくに男性は、仕事一筋で生きてきて、退職したらやることがない、行くところもない、何をしたらいいか分からない、という人が結構います。でも、必ず何かひとつは好きなことがあるはずです。これまでそれに取り組むきっかけがなかったり、自覚していなかったりしているだけなのです。まだ、好きなことがないと思っている人は、まずそれを見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか」

愛知県が主催する「活動支援事例発表会」で活動の成果を話す中野さん。背筋もきちんと伸びて、若々しい!

「モノづくりは認知症の予防にも効果的です。子どもは将来に向けて、大人は今を元気にしたい」と中野さん

高齢者暮らし支援事業「モノづくり教室」のようす。この日はペットボトルを使って万華鏡をつくりました

スマート・エイジングへの
きっかけづくりに!

 充実したシニアライフを過ごす受け皿として平成2年に発足した「日本セカンドライフ協会(JASS)」は、“好奇心、愉快に遊ぶ、外に出る”をキーワードに、さまざまなイベントやサークルの企画・運営を行っています。
 今年22年目を迎えるJASS中部では、歴史遺産とものづくり文化の探訪、世界のワインと食事、老舗味巡りなどが好評。会員は日本の高度成長期の礎を築き、安定成長期を支える企業や団体のOBと、その紹介者がメーンですが、個人での入会も可能です。

JASS中部事務局
Tel.0561(48)4914 http://second-life.or.jp/

自分の好きなことで社会貢献する「スマート・エイジング」を実践しているのが、中野道宏さんです。中野さんは、愛知県福祉部高齢福祉課が平成18年から20年度にかけて主催した「まちの達人養成講座」の履修生。「まちの達人講座」とは、60歳以上の高齢者の人生経験と特技を地域社会で生かしてもらう「まちの達人」を養成するための講座で、3年間で250人を超える達人を生み出しました。

その数多くの達人の中でも、意欲的に活動をしている中野さんは、ペットボトルでつくった万華鏡や牛乳パックを使ったびっくり箱など、遊び心いっぱいのおもちゃをつくるのが大の得意。現在は、子どもや高齢者を対象にしたモノづくり教室の講師として活躍しています。

「高齢者の引きこもりが社会問題となっている今、彼らのたまり場をつくるのが私たちの使命です」

中野さんが所属する「まちの達人 名古屋地区会」は、高齢者の生活の不便や困りごとを解決するボランティア団体として「高齢者の暮らし支援」を行っています。家の修理やレクリエーションなど、さまざまな事業を行う中で、中野さんが担当するのはもちろんモノづくり。「子どもたちに教えるのとは違った喜びを感じている」と話します。

「高齢者の場合、健康のために外に出るとか、おしゃべりをするのが楽しいとか、別の目的を持って来る人がほとんどです。でも、それで楽しい時間を過ごしてもらえると嬉しいですね」と話す中野さんの目標は、後継者の育成だといいます。

「ボランティアは人のためではなく、自分のためにやっています。健康のため、生きがいのため、仲間づくりのため。そうでなければ長続きしません。そして、この活動も続けていかないと意味がありません。私は、自分の好きなことで世の中のためになれて、幸せ者だと思っています。その喜びを後継者に伝えていきたいですね」

75歳にして、いきいきと輝く中野さん。スマート・エイジングの秘けつは「意欲を持つこと!」だと話してくれました。