ケアプランを立てるとき、家族と本人の意向が合わないことも多々あります。なかなか難しいことだとは思いますが、介護が必要となった場合に何を優先させるか、終末をどう迎えたいかなど、元気なうちに話しておくことをおすすめします。
 通所介護を利用するときは、お試し利用をして使い勝手を試してみることも大切です。合わないと思えば事業所を変えてもいいんです! 事業所によってサービスの提供能力が違うので、まずは、弱い人の立場に立ってくれる、きちんとしたケアマネとめぐり合うこと。

10

訪問介護とは

ホームヘルパー、または介護福祉士が利用者の家庭を訪問し、家事や健康管理の手伝いなど、日常生活の手助けをしてくれるサービス。身体介護と生活援助の2種類があり、利用者がケアハウスや有料老人ホームなどの施設に住んでいる場合は、その施設で介護を受けることもできます。要支援者の場合は介護予防訪問介護を利用します。

身体介護

食事や入浴の介助、排せつ介助、口腔ケアなど、利用者本人を直接的に援助するサービス。世帯や家族の状況に関わらず利用できます。

生活援助

掃除や洗濯、買い物、調理など、利用者が日常生活を送るうえで必要な援助。ひとり暮らしで援助してくれる人がいない場合に利用できるなど、市町村によって利用条件が異なることがあります。

11

訪問看護とは

利用者の自宅を看護師等が訪問。医師の指示に従い、血圧測定や注射などを行うほか、リハビリや体位変換、トイレの介助なども行います。訪問看護は看護師・准看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が担当しますが、必ず医師からの指示書が必要となります。

12

居宅療養管理指導とは

医師等が行う訪問診療(往診)とは異なり、居宅療養管理指導の場合、診察や注射などの医療行為は行わず、生活指導やアドバイス、口腔ケアなどを行います。

13

通所介護(デイサービス)とは

日帰りで送迎や入浴、食事、機能訓練、レクリエーションなどのサービスが受けられます。家にこもっていると気分も滅入ってしまいますが、定期的に外に出ることで友達が出来たり、生きがいを見つけたりと行動範囲も広がり、家族の負担も軽減されます。ただし、事業者によってサービスの内容が一部異なるほか、食費やおやつ、おむつ代などが別途必要となるので、事前に調べておきましょう。

14

短期入所(ショートステイ)とは

短期入所とは、要介護者が施設に数日間入所し、日常の世話や機能訓練を受けることができるサービス。冠婚葬祭や旅行などで一時的に介護ができない場合や、介護に携わっている家族の休息のためにも利用できます。

15

介護保険で福祉用具はレンタルできる?

福祉用具は介護保険でレンタルできますが、肌に直接接触して使用するものや、衛生面からレンタルに不都合なものは、特定福祉用具として購入できます。

レンタル
できるもの

特殊寝台(介護ベッド・付属品も含む)、車いす(付属品も含む)、スロープ、歩行器、歩行補助杖(1本杖は含まない)、手すり、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知器、移動リフト(つり具の部分は含まない)、起き上がり補助装置、離床センサー、階段移動用リフト
※介護度によってはレンタルできないものもあります

購入
できるもの

腰掛便座、特殊尿器(自動排せつ処理装置など)、入浴補助用具(シャワーチェア、入浴用ベルトなど)、簡易浴槽
※購入は1年間に10万円が限度。購入するときは、指定を受けた福祉用具購入業者を通し、一旦全額を支払い、その後、申請により9割が償還されます。指定を受けていないところで購入すると全額自己負担になるので要注意。

11

介護保険で住宅改修は
できる?

住宅改修の対象は、階段、手すり、ドアの変更、床材、便器等、引き戸の新設などで、原則一生に1度、20万円が限度です。ただし、引っ越ししたり要介護度が3段階あがった場合は特例で給付が受けられます。あらかじめ市町村への申請が必要です。

■介護保険サービス一覧表

種類

介護サービス

内容

要支援者の利用
(予防介護)

居宅
サービス

訪問サービス

訪問介護(ホームヘルプ)

ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、介護や生活の援助をします

訪問入浴介護

浴槽を積んだ入浴車で家庭を訪問し、入浴の介助をします

訪問看護

看護師などが家庭を訪問し、看護やリハビリテーションを行います

訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問し、リハビリテーションを行います

居宅療養管理指導

医師・歯科医師・薬剤師などが家庭を訪問し、療養上の管理や指導を行います

通所サービス

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどで、入浴や食事を始めとする日常生活に必要な介護をします

通所リハビリテーション
(デイケア)

医療機関などで、理学療法士や作業療法士がリハビリを行います

ショートステイ

短期入所生活介護

特別養護老人ホームなどに、短期間入所して介護を受けます

短期入所療養介護

介護老人保健施設などに、短期間入所して医学的管理のもとで介護を受けます

福祉用具

福祉用具貸与

車いす、特殊寝台、床ずれ防止用具など、福祉用具を貸し出します

○内容により異なる

福祉用具購入

腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具など、福祉用具の購入費の一部を支給します

○内容により異なる

住宅改修

住宅改修

介護のための小規模な住宅改修について、費用の一部を支給します

地域密着型
サービス

訪問サービス

夜間対応型訪問介護

夜間に定期的、または必要に応じて訪問し、介護や家事の援助をします

×

24時間対応の定期巡回・
随時対応サービス

定期な巡回訪問をしたり、24時間通報を受け、日常生活に必要な介護や、看護を行います

×

複合型サービス

訪問看護と小規模多機能型居宅介護などを組み合わせることで、効率よく柔軟なサービスを提供します

×

通所サービス

認知症対応型通所介護

認知症の高齢者を対象に、デイサービスセンターなどで、入浴や食事を始めとする日常生活に必要な介護をします

訪問・通所・
ショートステイ

小規模多機能型居宅介護

利用者の状況が変わっても、住み慣れた地域で介護が受けられるよう、デイサービスを中心に、訪問介護やショートステイを組み合わせて提供します

施設・居住
サービス

認知症対応型共同生活介護
(認知症高齢者グループホーム)

認知症の高齢者が、少人数で共同生活をします

○要支援1は対象外

地域密着型特定施設入居者生活介護

定員29人以下の小規模な有料老人ホーム(軽費老人ホームを含む)で介護などを行います

×

地域密着型介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)

定員29人以下の小規模な特別養護老人ホームで介護などを行います

×

施設・居住サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設
※P.13を参照

×

■認定の目安って?

要支援

社会的支援を要する

(介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる)

生活に支援を要する

(介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる)

要介護

部分的介護を要する

(身の回りの世話の一部に見守りや手助けが必要)

軽度の介護を要する

(身の回りの世話全般、排せつや食事でも見守りや手助けが必要)

中度の介護を要する

(身の回りの世話や立ち上がりが一人ではできない。
排せつや食事で全般的な介助が必要)

重度の介護を要する

(介護なしに日常生活が困難で、全面的な介助が必要)

最重度の介護を要する

(介護なしに日常生活は不可能で、全面的な介助が必要)