お問い合わせ

株式会社 名古屋リビング新聞社

名古屋市中区新栄一丁目6番15号
Tel. 052-269-9511
Fax. 052-269-9522
mail. living@web.co.jp

40年後には「人口の4分の1を75歳以上の高齢者が占める」といわれている日本。そんな超高齢化社会を生き抜いていくために、“人は老化するし衰える”ことが自然の姿だということを認識しなくてはいけません。“まさか自分の親が?”と思っている人も多いけれど、決して特別なことではありません。“老い”を前提とした知恵を持つことが大切です。

介護が必要になったときは、居宅介護支援事業所が手続きをしてくれるので、経済的なこと、家でどこまで介護できるかなどをあらかじめまとめておきましょう。

介護保険とは

社会保険のひとつで、高齢者の介護を社会全体で支えあう仕組み。40歳以上の国民が保険料を支払い、介護が必要になったときは、本人や家族の選択で、保健・医療・福祉のサービスを受けることができます。

介護保険の対象者は

介護保険は65歳以上の高齢者を対象とする第1号被保険者と、40歳〜64歳までを対象とする第2号被保険者に分かれ、それぞれが定められた保険料を納付します。

介護保険サービスを受けられるのは

第1号
被保険者

寝たきりや認知症など、介護が必要な人(要介護者)および、要介護者になるおそれがあり、家事や身支度など日常生活に支援が必要な人(要支援者)

第2号
被保険者

脳血管疾患や関節リウマチなど、老化が原因とされる病気(特定疾病)により、介護や支援が必要となった人

介護保険の利用の仕方は

介護が必要となったら住んでいる市町村(介護保険課など)に申請し要介護認定等を受けます。認定の結果、要支援(1・2)と判定されると介護予防サービスが、要介護(1〜5)と判定されると介護サービスが利用できるようになります。

要介護認定時に注意することは

要介護度等によって受けられるサービスが異なってくるため、正しい判定をしてもらうことが大切。ありのままの状態を見てもらえるよう、介護日記をつけておくなど、事前に準備しておきましょう。認定調査を受けるときは家族が立会い、実態を理解してもらえるよう具体的に説明することも大切です。

認定結果が納得いかない場合は

結果に不服がある場合は、都道府県の「介護保険審査会」に不服を申し立てることができますが、要介護度とは「どのくらいの介護が必要か」ということを区分しているもので、病気や障害の程度とは異なることを理解しておきましょう。

介護サービスの種類って

介護サービスには、自分の家に住みながら受けられる居宅サービス、特別養護老人ホームなどの施設に入って受ける施設・居住系サービスのほか、地域密着型サービスというものがあります。

介護サービスを利用するのに必要なことは

介護保険サービスを利用するには、まずケアプランを作成します。ケアプランとは、要支援または要介護の認定を受けた人が、「いつ」「どのようなサービスを」「どれくらい」利用するのかという計画を立てることをいいます。ただし、介護保険には利用限度額があり、限度額以上は自己負担となるため、サービスを有効に利用するためにもケアプランは重要。その手助けをしてくれるのが、ケアマネジャーです。

要介護認定で非該当になったら

今年の春から「介護予防・日常生活支援総合事業」が新設されました。介護保険によるサービスは受けられませんが、運動・栄養改善・認知症予防支援など、市町村が主体となったサービスを利用することができます。このほか、「地域支援事業」という要支援・要介護を予防するためのサービスも利用できます。実施状況は市町村によって異なります。